--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28
2009

授乳

ご質問をいただきましたのでご解答いたしますね。

本製品を妊娠中に飲むのはよくないのか。

結論から申し上げますと、本製品の服用は控えてください。


理由は、サプリメントに含まれるミリフィカ成分エストロゲンが女性ホルモンの分泌を促すので、通常よりも多量に女性ホルモンが分泌される事になります。

だから、体内に赤ちゃんがいる時期やそれ以外でしたらバストアップ用やムダ毛対策、更年期障害防止用によいのです。


しかし、何事も過ぎたるは及ばざるが如し

通常は身体に有用な成分でも、過剰摂取するとかえって危険な成分もあるんです。

例えばビタミンAやCなど。


赤ちゃんが体内にいる時期や授乳中にエストロゲンを服用して女性ホルモンが増大すると、赤ちゃんによくない影響がある、という研究報告は今の所ありません。

ですが、大事を取って体内に赤ちゃんがいる時期や授乳中は服用されない方がよいと思います。


一般的に受胎後に避けた方がよい食品はタバコとアルコール類。

流産の危険性が増大するカフェイン。

受胎中は大豆イソフラボンの成分がよくない豆乳。

身の中のに含まれる水銀濃度が高いマグロ、サンマ、さわら、サバなどの青魚。

受胎中はビタミンAの過剰摂取になるレバー。

流産の危険性が増大する人工甘味料スクラロース等があります。


赤ちゃんが体内にいる時期や授乳中はバランスのよい食事が一番です。

出来ればサプリメントにも頼らず、自然な食生活を心掛けましょう。

何よりも赤ちゃんの健康が一番大切なのですからね。

そしてそれが終わってから、本製品をお試しになると良いと思いますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。